前へ
次へ

腸内環境と調える健康食にヨーグルト

体には多くの菌が存在していると言われ、体にとっていい役割のあるものもあれば悪い役割の物、さらにどちらでもないものもあります。
悪い役割と聞くとすべてを排除したいところですが、悪くてもそれなりにいないと困るものもあるようです。
健康に生活をするならそれらの菌のいいバランスを保つことが大事になりそうです。
良い菌を善玉菌、良くない金を悪玉菌と言いますが腸内においてはそのバランスをいかに保つかが健康のバロメーターになることもあります。
健康食として多くの人が唱える食品にヨーグルトがあります。
乳製品を発酵するとできる食べ物で、発酵によって腸にいいとされるビフィズス菌などの菌が作られます。
実は健康食であるヨーグルトの善玉菌は胃酸によって消化され生きたまま腸に届かないときもあります。
でも消化された菌が腸内で善玉菌を増やすえさになるために全く効果が無いわけではありません。
自分の体に合ったビフィズス菌を摂取するのがいいので、最適なビフィズス菌を持つヨーグルトを見つけて食べると良いでしょう。

Page Top